脂質ダイエットによる体質改善

健康的に痩せるために筋トレが必要ない理由:ダイエットと筋トレ

ダイエットをしている人の中には、食事制限だけでなく筋トレに取り組んでいる人も多くいます。ほとんどのダイエットジムが食事制限 + 筋トレを行っているように、ダイエットといえば「食事制限と筋トレがセットである」というのが一般的な認識です。

 

しかし実際には、健康的にやせるために筋トレは必要ありません。周りを見渡せばわかると思いますが、痩せている人の半数以上は筋トレをしていないはずです。

 

そうはいっても、なぜ筋トレが必要ないのかを理解していなければ、納得できませんよね?

 

そこで今回は、「健康的に痩せるために筋トレが必要ない理由」について解説します。

 

ダイエットに筋トレが必要ない理由

基本的に、痩せるために筋トレは必要ありません。

 

それは、主に「体重を調整しているのは筋肉量ではなく食欲」「筋トレでつけた筋肉は落ちる」という2つの理由から説明できます。

 

体重を調整しているのは筋肉量ではなく食欲

一般的には、「筋肉量が多いほと痩せやすい」と考えられています。「筋肉量が多い方が代謝量が高く(日常生活で消費されるカロリー量が多くなり)、痩せやすくなる」といわれているためです。

 

つまり、筋肉量が体重を調整していると考えられているのです。

 

しかし実際には、体重を調整しているのは筋肉量ではありません。体重を調整しているのは、食欲になります。

 

痩せるために必要な筋肉は日常生活で維持される

そもそも、痩せるために必要な筋肉は、普通に生活していれば維持できます。

 

ダイエットをしていると、ついつい「筋肉が少ないから基礎代謝が低く、やせにくい」と考えてしまいがちです。確かに、筋肉量が少ないと基礎代謝は低くなって、やせにくくなります。

 

ただ、適切な体重を維持するために必要な筋肉量は日常生活で十分に維持できます

 

考えてみればわかると思いますが、健康的で太っていない人のほとんどは筋トレをしていません。これは、大半の人が日常生活における活動量で、太らないために必要な筋肉量が維持されていることを意味しています。

 

そのため、基本的には痩せるために日常生活にプラスして筋トレをする必要はないのです。

 

活動量に合わせて食欲が調整される

また健康な状態であれば、それぞれの活動量に合わせて食欲が調整されます。

 

例えば、高齢者などの活動量が低く生活におけるカロリーの消費量が少ない人は、あまりお腹が空きません。それに対して、部活などで運動して消費カロリーが多い学生は、よくお腹が空きます。

 

このように、基本的にはその人の活動量(カロリーの消費量)に合わせて食欲が調整されています。

 

活動量が筋肉量と食欲を調整する

当然ですが、生活における活動量が多い人は、その分だけ筋肉量も増えます。

 

例えば、ほとんど活動しない高齢者と毎日部活で運動している学生では、学生の方が筋肉量が圧倒的に多いです。

 

このように、基本的には日常生活における活動量が筋肉量を決めます

 

またすでに述べたように、活動量は食欲もコントロールしています。言ってしまえば、筋肉量や食欲は、基本的に「日常生活でどれだけ動いているか?」ということで決まっているのです。

 

つまり、基本的に「あまり動かない人は筋肉量も少ないが、食べる量も少ない」「よく動く人は筋肉量も多いが、食べる量も多い」ということになります。

 

筋肉量が少なくても太らない理由

活動量が低い高齢者は、その分だけ筋肉量も生活で消費されるカロリーも少ないです。ただ、その分だけ食欲も沸かず食べる量も少ないため、太りません。

 

つまり、太るか太らないかは、筋肉量の問題ではないのです。

 

筋肉量ではなく、筋肉量に合わせて食欲が調整されないことが太る原因だといえます。

 

筋トレでつけた筋肉は筋トレを止めると衰える

また、筋トレによって頑張ってつけた筋肉は、筋トレを止めると衰えます。

 

日常的に筋トレをして筋肉に刺激を加えている場合、それに応じて筋トレに耐えられるように筋肉がつきます。

 

ただ、こうしてつけた筋肉は筋トレを止めると落ちます

 

日常生活で使わない筋肉は不必要

例えば、部活などで筋トレをすると筋肉量は増えます。それだけ日常的に筋肉に負担がかかるためです。

 

ただ、部活や筋トレをするために必要であった筋肉も、日常生活では余計になります。体にとって余分な筋肉は、重いだけでなくエネルギーを過度に消費するため無駄な存在なのです。

 

このように、日常的に使わない筋肉をつけているのは、「エネルギーを大食いする重い筋肉を背負ってしまっている状態」だといえます。

 

そのため、筋トレをしなくなった後は自然と日常生活で必要な筋肉量まで調整されるのです。つまり、筋トレを止めると筋肉量はその分だけ減っていくことになります。

 

筋肉量を維持するためには筋トレを続けなければいけない

ここまで述べたように、一生懸命頑張ってつけた筋肉は日常生活では使わないため、筋トレを止めたら自然に衰えてなくなります。

 

いってしまえば、筋トレによって増やした筋肉は、一生筋トレを続けなければ維持できないのです。

 

もし筋トレで筋肉量が維持できているから痩せているのであれば、一生筋トレをし続けなければ体重が維持できないことになります。

 

このように、筋トレでつけた筋肉は「筋トレを止めると衰える」ということを理解しておきましょう。

 

今回述べたように、健康的にやせるためには基本的に筋トレは必要ありません。筋肉量に合わせて食欲が調整されるため、筋肉量が少なくても体重が増えることはないからです。

 

もしあなたがダイエットのために頑張って筋トレをしているのであれば、もう一度筋トレの必要性について考えてみてください。

食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail



サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ