脂質ダイエットによる体質改善

痩せるために理想的な睡眠時間とは?ダイエットに必要な睡眠時間

suiminzikan diet

 

「痩せるためには睡眠が大事」と聞いたことがあるはずです。ただ、「じゃあどれくらい寝ればいいの?」という疑問をもった経験はないでしょうか?

 

ダイエットのために、十分な睡眠時間を確保することは大切です。ただ、理想的な睡眠時間を知らない人がほとんどだと思います。

 

あなたは、理想的な睡眠時間を明確に答えられますか?

 

今回の記事では、あなたが痩せるために理想的な睡眠時間の見つけ方について解説します。

 

痩せるために理想的な睡眠時間のまとめ

 

・脳や心臓、筋肉への負担を考えると理想は8時間睡眠
・そうはいっても人によって理想的な睡眠時間は異なる
・目覚め具合や日中の体調を確認することで、理想的な睡眠時間が見つかる

 

ダイエットを成功させる理想的な睡眠時間とは?

ダイエットを成功させるためには、十分な睡眠時間を確保することが大切になります。睡眠不足が、ホルモンや血糖値、自律神経を乱して太りやすくなるためです。

 

睡眠不足がダイエットに及ぼす影響に関しては、「睡眠不足は太る原因となる?睡眠とダイエットの関係性」に詳しく書いていますので、参考にしてください。

 

ここであなたは「それではダイエットのためには具体的に何時間眠ればいいのか?」という疑問を持つはずです。結論から述べると、ダイエット中に必要な睡眠時間は人によって異なります。

 

短時間睡眠は肥満を招く

睡眠時間が短いと、基本的には太りやすくなります。睡眠不足が招く一つの問題として、「食欲に関するホルモンバランスの崩れ」が挙げられます。

 

食欲は、食欲を強める「グレリン」と、逆に食欲を抑える「レプチン」と呼ばれるホルモンによってコントロールされています。睡眠不足は、こうした食欲を調整するのホルモンのバランスを崩すのです。

 

例えば、ある研究では「10時間睡眠と4時間睡眠の人を比べると、4時間睡眠の方が血液中のグレリン量が約30パーセントも高くなっていた」と報告されています。つまり、短時間睡眠の方が、グレリンによって食欲が強くなりやすいということです

 

diet suiminzikan risou

また、3歳時の睡眠時間が9時間未満の人は、同時期の睡眠時間が10時間以上の人と比較して、10年後に肥満となる確率が1.6倍になることも明らかになっているのです。

 

このように、肥満と睡眠の関係を調べた研究には「短時間睡眠の方が太りやすくなる」という結果を示しているものが多い傾向にあります。

 

必要な睡眠時間には個人差がある

睡眠時間が短いと太りやすいといっても、実際に必要な睡眠時間には個人差があります。理想的な睡眠時間は、年齢や性別、人種など、さまざまな要因によって異なるためです。

 

例えば、私は30代の男性ですが、私自身に必要な睡眠時間は7時間以上だと感じています。7時間以上眠らなければ、翌日は日中に眠気が起こりますし、食欲が増します。そのため、私には7時間以上の睡眠が必要だといえます。

 

その一方で、6時間睡眠でも何の不快感もなく生活している人もいるのです。実際に、私の知人には、毎日5時間睡眠でも全く仕事に支障がない人もいます。

 

もちろん、短時間睡眠で生活できるからといって、健康に問題がないとはいえません。ただ、「必要な睡眠時間は人によって異なる」というのが現状です。

 

理想的な睡眠時間は8時間

ただ、理想としては1日8時間以上は横になるのが好ましいといえます。脳や心臓、筋肉を休ませるためには、8時間以上横になる必要があるためです。

 

体を起こしている時間は、重力に抗するために心臓や筋肉などに過剰な負担がかかっています。重力に抗しているということは、高い位置にある脳に血液を送るために心臓が強く働かなければいけません。また、このときに体を支える筋肉に負担がかかるのは想像できるはずです。

 

さらに、心臓や筋肉が使われているときには、脳の疲れもとれません。脳の疲労を回復させるためには、心臓や筋肉が休まっていなければいけないのです。

 

脳の疲労を回復させるためには、脳を修復させるためのエネルギーが必要になります。体が起きているときは、エネルギーが心臓や筋肉に使われてしまうため、脳を修復する余裕がないのです

 

diet suiminzikan risou

そして、心臓や筋肉を十分に休ませるためには、8時間以上横になって眠ることが必要になるのです。

 

睡眠によって脳が十分に休めなければ、食欲をコントロールしているホルモンが乱れてしまいます。またホルモンを調整している「自律神経」も、短時間睡眠ではうまく働かなくなるのです。

 

こうしたことからも、ダイエットに必要な睡眠時間も理想としては8時間以上だといえます。

 

自分に合った睡眠時間を見つける方法

理想は8時間以上といっても、ダイエットに必要な睡眠時間も人によって異なるのが現状です。

 

あなたに合った睡眠時間を見つけるためには、あなた自身の体に起こっている反応を見ることが大切になります。

 

例えば、睡眠時間が十分に足りていれば、日中に眠気が生じたり過剰にイライラしたりすることはありません。また、朝もすっきり目覚められるはずです。逆に、日中に強い眠気が生じたり、朝の目覚めが悪かったりするのであれば、睡眠が不足しているといえます。

 

このように、日中における体の調子を確認することで、あなたに必要な睡眠時間を見つけることができます。

 

具体的には、以下に記すような不快感が出現しない位の睡眠時間が、あなたにとって理想的な睡眠時間だといえます。

 

・目覚めがすっきりしている
・日中に眠気が生じない(昼過ぎの眠気は問題ない)
・重だるさなどの倦怠感を感じない
・過剰にイライラしない
・ボーっとする時間があまりない
・過剰な食欲が起こらない

 

当然、十分に睡眠時間を確保しても睡眠の質が悪ければ、睡眠不足であるのと同じです。そのため、どれだけ睡眠時間を長くしても、以上に挙げたような不調が生じる場合には、睡眠の質を見直すことが大切になります。

 

ただ基本的には、このように体の調子を確認していくことで、あなたに合った睡眠時間を見つけることができるようになります。

 

今回述べたように、痩せるために理想的な睡眠時間は人によって異なるのが現状です。しかし、体のことだけを考えると、8時間以上眠ることが理想的だといえます。

 

そのことを踏まえた上で、日中の調子や目覚め具合を確認しながら、あなたの理想的な睡眠時間を見つけてみてください。


食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail



サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ