脂質ダイエットによる体質改善

睡眠とダイエット(減量)の関係:脂質ダイエット

睡眠とダイエットは、体の健康には欠かせないものです。良質な睡眠は、自律神経を整え、身体面と精神面の両方に良い影響を与えます。

 

また、適正体重の維持は、心筋梗塞や脳卒中などの命にかかわる病気のリスクを下げます。また、そのような血管に関する疾患だけではなく、慢性痛の解消にも関係していると言われています。

 

このように、睡眠とダイエットは、それぞれ体の健康に影響を与えます。そして、この2つは、お互いにも影響し合います。良質な睡眠は、体重の増加を防ぎ、適正な体重は、睡眠の妨害を予防します。

 

そこで今回は、睡眠とダイエットの関係性について解説します。

 

短時間睡眠は太りやすくなる

睡眠と肥満は関係しています。それは、睡眠中に分泌されるホルモンが人間の食欲に影響を与えるためです。

 

睡眠と肥満に関係するホルモンには、「レプチン」「グレリン」「オレキシン」の3つがあります。

 

レプチン

脂肪細胞で産生され、食欲を抑制し、脂肪を分解する作用があります。そして、レプチンは、睡眠時間が短くなると、分泌量が低下することがわかっています

 

グレリン

レプチンとは相反する作用を持つホルモンです。グレリンは空腹時に胃で産生され、食欲を増進します。グレリンは、睡眠時間が短くなると、レプチンとは逆に、分泌量が増加することがわかっています。

 

オレキシン

オレキシンは、食欲を増進させるホルモンです。また、グレリンの分泌に伴って、オレキシンの放出量も多くなります。

 

オレキシンには、さらに覚醒、興奮作用があることも重要です。

 

睡眠不足になると、レプチンの分泌量が低下し、逆にグレリンの産生量は増加します。つまり、食欲が増進し、脂肪の分解が抑制されるため、肥満につながることが分かります。

 

さらにグレリンの分泌に伴って、オレキシンの産生量も増えます。オレキシンは、食欲を増進させるだけでなく、覚醒、興奮作用があります。つまり、さらに睡眠を障害する作用があると言えます。

 

眠れなくなって食欲が増進すると、夜中に過食をしてしまいます。さらに、夜遅くの食事は、体の脂肪の合成を促します。その結果、肥満になってしまいます。
このように、睡眠不足は、睡眠と肥満に関するホルモンのバランスを崩すことで、肥満と関係していると言えます。

 

肥満は睡眠障害を引き起こす

睡眠が障害される原因は、さまざまです。内科的な疾患があることによって、睡眠が妨げられる場合もありますし、寝る環境が悪いことで、眠りが浅くなることもあります。

 

睡眠を障害する要員の1つとして、「睡眠時無呼吸症候群」というものがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に、呼吸が止まる「無呼吸」や呼吸が浅くなる「低呼吸」が起こることで、睡眠が障害される病気です。

 

睡眠時無呼吸症候群になると、本人はわかりませんが、良質な睡眠が障害されています。そのため、十分な時間、眠っているはずなのに、日中に眠気が生じたり、集中力が低下したりします。

 

そして、睡眠時無呼吸症候群の原因の1つとして、肥満が挙げられます

 

肥満になると、喉の周りの脂肪が過剰に蓄積してしまいます。そうなると、気道が狭くなり、呼吸がしにくくなります。

 

意識がある時は、筋肉が適度に緊張しているため、喉や舌に関する筋肉が気道を塞ぐことはありません。しかし、睡眠中は、これらの筋肉が弛緩してしまうため、気道が狭くなりがちです。また、重力の影響で、舌は気道の方に落ち込みやすくなります。それによって、気道が狭くなって呼吸を障害する原因になります。

 

このように睡眠中は、誰でも気道が狭くなりがちです。これが健康な人であれば、軽いイビキをかく程度ですが、肥満の場合、睡眠時無呼吸症候群につながる可能性が高くなります。

 

そして、睡眠時無呼吸症候群の人は、レプチンの分泌量が低下していることがわかっています。先ほど述べたように、レプチンは、食欲を抑制し、脂肪の分解を促進する働きがあるホルモンです。

 

つまり、「肥満 → 睡眠時無呼吸症候群(睡眠不足) → レプチン分泌低下 → 肥満 」というように、睡眠障害と肥満によって悪循環な関係ができてしまいます。
今回述べたように、体の健康に欠かせない睡眠とダイエットには、密接な関係があります。そのため、健康を維持するためには、どちらか一方だけではなく、睡眠とダイエットの両方に注視する必要があると言えます。

 

食事制限が上手くできず、痩せることができない人は、もしかしたら、睡眠障害が原因かもしれません。ダイエットを行う場合は、良質な睡眠を十分とることを心がけるようにしましょう。

脂質ダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録

diet


dietmail


睡眠とダイエット(減量)の関係:脂質ダイエット 関連ページ

ダイエット(減量)を正しい思考で行いダイエットに成功する
糖質制限がダイエット(減量)の成功に欠かせない理由
ダイエット(減量)に必要な糖質制限食が安全である理由
砂糖が精神・心理面に及ぼす影響:砂糖と依存性の関係
糖質・炭水化物の違いと各々の特徴:脂質ダイエット
ダイエット(減量)と便秘の関係:脂質ダイエット
食べても太らない人の体における2つの特徴
ダイエットに必要な体のエネルギー源に関する基礎知識
肥満の体への影響を知りダイエット(減量)に成功する
糖質が体に与える影響:インスリン過剰分泌、糖化
ダイエットに必要な三大栄養素の消化・吸収に関する基礎知識
糖質制限ダイエットに飽和脂肪酸の摂取が大切な理由
減量(ダイエット)に影響するホルモン
自律神経とダイエット(減量)の関係性:脂質ダイエット
糖質摂取は肥満だけでなく環境破壊につながる:穀物生産の現状
日本人が1日3食となった歴史と糖質食の関係性:脂質ダイエット
人の腸と消化能力から食事について考える:脂質ダイエット
脳とブドウ糖の関係性:脂質ダイエット
適正な血糖値を決める要因:活動性から考える人間に必要な血糖値
糖質制限ダイエットで低血糖症が起こらない理由:糖新生のメカニズム
血糖調整メカニズムを学びダイエットで成功する:脂質ダイエット
低血糖症体質と低血糖症の類似疾患を学びダイエットで成功する
低血糖症の原因と精神症状・身体症状が出現するメカニズム
ダイエット(減量)の失敗につながる脂質(油)の摂取方法
糖質制限によって不調が出現?糖質制限を行うべきでない人
人はなぜ太るのか?太る原因を考えて肥満の本質に迫る
高タンパク質食でタンパク不足?糖質制限時に起こるLowT3症候群
糖質制限ダイエット中に起こりやすい肝臓トラブルの原因と対処法
ダイエット成功者が理解している代謝の基本:脂質代謝と糖質代謝の違い
糖質制限ダイエットで起こるエネルギー産生システムの変化
健康的なダイエットを成功させるために欠かせないマインドセット
ダイエットに欠かせないホルモン・自律神経を整える生活習慣とは?

サイトマップ
HOME プロフィール ダイエットメルマガ お問い合わせ