脂質ダイエットによる体質改善

消炎鎮痛剤・NSAIDs・痛み止めが効く疼痛:薬と痛みの関係

痛み止めや湿布といった、いわゆる消炎鎮痛剤は、多くの人が常用しています。病院に通う人はもちろんのこと、若い人から高齢の方まで、幅広い年代の人が日常的に使用しています。

 

確かに消炎鎮痛剤は、手軽に使えて、副作用が少ないように感じます。とくに湿布は、飲み薬と違い、胃腸に対する副作用がほとんどありません。そのため、湿布を使ったときに、害はほぼ感じないはずです。

 

しかし、消炎鎮痛剤は、多くの慢性痛を作り出していることを理解しなければなりません。確かに、消炎鎮痛剤を使う場合に、明らかに体に現れるような副作用は、ほとんど起こりません。しかし、使えば使うだけ確実に体に悪影響を与えています。

 

そこで今回は、消炎鎮痛剤に関して、私見も含めて解説します。
 
 消炎鎮痛剤は炎症を抑制する
消炎鎮痛剤は、その名の通り炎症を抑える作用があります。そのため、炎症反応による疼痛を軽減させる効果があります。しかし、言い換えると、炎症ではない痛みには効果がありません。

 

このことは、医学の世界では共通認識になっています。さらに、慢性痛に消炎鎮痛剤は効きません。多くの人がこの事実を知らずに、長期的に痛み止めや湿布を利用しています。

 

そもそも、炎症にはどのような意味があるのかを考える必要があります。炎症反応は、損傷した組織が治るために起こるものです。つまり、体が治癒するためには欠かせないものです。

 

炎症反応が起こらなければ、傷ついた組織は治ることはありません。そして、組織が治る過程で、腫れたり、痛みがでたりするのです。

 

そのため、炎症による疼痛は、体が治る過程で起こっているのです。つまり、痛みは結果であって、原因ではありません。そのような症状が出現しているということは、正常に治癒反応が進んでいるという証拠です。

 

消炎鎮痛剤は、このような炎症反応を抑制します。簡単に言ってしまえば、体が治るために起こっている反応を無理やり押さえつけるということです。

 

具体的には、炎症反応の過程では、損傷した組織を修復するために、通常以上の血流が必要になります。そのため、血管を拡張して血液量を増やします。そのために血管を広げる作用のあるホルモンが分泌されます。

 

そのホルモンは「プロスタグランジン」といい、血管を拡張する役割の他に、痛みや発熱などの症状を誘発します。

 

そして、消炎鎮痛剤は、このプロスタグランジンの生成を抑えることで、痛みを抑えます。

 

しかし、先ほども述べたように、プロスタグランジンには、損傷した組織を修復するために、血管を拡張する働きがあります。そのプロスタグランジンの産生が抑えられると、血管は充分に広がらず、組織に必要な血液量が届かなくなります。

 

つまり、消炎鎮痛剤によって、痛みは抑えることができますが、同時に、治るために必要な血液量の増大まで抑制されてしまうのです。

 

そのため、消炎鎮痛剤を使用すると、組織の修復が止まり、結果的に痛みが慢性化するということです。

 

 消炎鎮痛剤が有効な場合
消炎鎮痛剤が、慢性化した痛みに効かないということは、先ほど述べました。これは、慢性化した疼痛の改善には、血流の流れが必要だからです。

 

基本的に疼痛が出現しているということは、そこに痛みを誘発するような疼痛誘発物質があると言うことです。通常では、そのような物質は必要がなくなると、血液中に入り込み排泄されます。

 

しかし、痛みが慢性化している場合の多くは、疼痛誘発物質の排泄が阻害されています。つまり、血流の流れが滞ってしまい、痛みを作り出す物質もその場に残ってしまうということです。結果的にずっと痛みが続いてしまいます。

 

そのため、消炎鎮痛剤を慢性痛に使用することは、血流が悪くて痛みがある状態に、さらに血液の流れを悪くするような処置(消炎鎮痛剤)をしていることになります。

 

これでは痛み治らないのは当たり前です。では、消炎鎮痛剤は意味がないのかというと、そうではありません。

 

炎症が起こっている場合、痛みを伴います。疼痛はほとんどの人にとって不快なものです。また、あまりに症状が強いと眠ることができないことがあります。このような場合に、対処的に消炎鎮痛剤を使用することは有効です。

 

痛みによるストレスや睡眠不足などは、血流の流れを悪くするため、傷の治りを遅くします。そのような強い痛みがある間は、消炎鎮痛剤は有効です。

 

問題なのは、慢性的に消炎鎮痛剤を使用することです。炎症のときの強い痛みが治まった後に、使用を中止すればいいだけです。

 

今回述べたように、消炎鎮痛剤は、体の自然な反応を無理やり止めて痛みを抑えます。そのため、基本的には使用しない方が良いです。しかし、あまりに疼痛が強い場合は、その症状自体が傷の治りを妨げます。そのため、このときに一時的な対処として、消炎鎮痛剤を使用するのは有効です。

 

炎症の過程と薬のメカニズムを知ることで、上手に消炎鎮痛剤と付き合っていくことが大切です。

食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail


消炎鎮痛剤・NSAIDs・痛み止めが効く疼痛:薬と痛みの関係 関連ページ

痛みを我慢してはいけない理由:疼痛は体への警告信号である
関節痛の原因は脊柱にある:筋肉の緊張、関節のズレと背骨の関係
目と頭痛の関係性:後頭下筋群が頭痛の原因となる理由
肩関節周囲炎・五十肩で肩の痛みの原因となる筋肉:上腕二頭筋
肩甲骨の可動性・柔軟性が五十肩・野球肩の痛みと関係する理由
関節周囲の筋肉バランスと関節痛の関係性:筋が疼痛の原因となる
大腰筋と腰痛の関係性:大腰筋の緊張による腰痛の特徴
腰痛の原因と特徴、対処法(運動・ストレッチ)
体幹トレーニングと腰痛の関係性:誤った運動が腰痛の原因となる
坐骨神経痛の原因:椎間板と梨状筋による坐骨神経痛の症状と特徴
股関節痛と骨盤の関係性:股関節の痛みは骨盤の柔軟性が原因
膝(ひざ)関節の痛み・疼痛の原因:膝関節とお皿の関節
ひざの痛みの原因とその対処法:脛骨大腿関節、膝蓋大腿関節
ひざ周りの筋肉による痛みのメカニズム:筋肉のアンバランス
有酸素運動が関節痛に有効な理由:自律神経との関係
関節痛と寒冷療法・アイシングと温熱療法・ホットパックの関係性
痛みはなぜ生じるのか:炎症反応に伴う疼痛の意味を知る
脳と痛み、感情の関係性:ネガティブな感情が痛みを悪化させる
起床時の腰痛に対する解消・運動法・ストレッチ:椎間板性の腰痛
整形外科的疾患に類似する内科的疾患による痛みに注意すべき
睡眠不足が体の痛みにつながる理由:自律神経と睡眠、背骨の関係
食事・食生活の不摂生と体の痛み・疼痛の関係:生活習慣と痛み
アルコールやチョコレートと体の痛みの関係性:食生活と疼痛
運動不足と関節痛、痛みの関係性:筋力と腰・背骨の柔軟性
ストレスと頭痛の関係性:側頭筋と血管・血流、自律神経
変形が進行する関節の痛みがなくなる理由:関節が変形する原因
牛乳を飲みすぎると関節痛・痛みが出現する理由:乳糖不耐症
痛み・疼痛を予防・解消する思考法:ストレスをためない考え方
痛みを予防・解消する食事法:生体リズムと避けるべき食品
糖質の過剰摂取が痛みを長引かせる理由:糖質と慢性痛の関係性
薬や注射では変形性関節症が治らない理由:症状の根本的原因

サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ