脂質ダイエットによる体質改善

整形外科的疾患に類似する内科的疾患による痛みに注意すべき

体に痛みが出たとき、多くの人は、整形外科的な問題を考えます。腰痛があれば「ヘルニア」や「腰椎分離症」、肩の痛みであれば「五十肩」や「筋の断裂」などを疑います。

 

しかし、整形外科的な問題に思えるような体の痛みであっても、実は内科的な疾患から起こっていることがあります。もちろん、そのようなことは医者が見極め、その人に合った病院を紹介することが当たり前です。

 

それでも、痛み程度では病院に行かない人もいますし、医者が見逃すこともあります。そのため、あなた自身がある程度、体の疼痛について知っておく必要があります。

 

そこで今回は、内科的な疾患による痛みの特徴について解説します。

 

 整形外科疾患による痛みの特徴
整形外科疾患による疼痛は、ある組織に何かしらの刺激が加わった際に起こります。もちろん、炎症がある場合は、そのような誘発するものがなくても、常に痛いことがあります。しかし、整形外科疾患による疼痛のほとんどは、損傷している組織に圧力などがかかるときに痛みを発します。

 

例えば、肩の筋肉が切れていたとします。筋肉が断裂していても、炎症がなければ、安静時に痛みが出現することはありません。

 

一方、重い物を持ったり、洗濯物を干したりといった、筋肉を収縮させるような動作を行うと痛みが出ます。また、症状を誘発するような動作を繰り返すと、どんどん疼痛が強くなるというのも特徴の1つです。

 

つまり、痛みがある関節を動かすような動作で疼痛が誘発できます。他にも、以下のような特性があります。

 

・炎症で安静時に痛みがあるとき、痛み止めが効く
・損傷している組織を押したら痛みが出る
・安静にしていると痛みが落ち着く

 

このような特徴が認められる場合は、整形外科的な問題で痛みが出ている可能性が高いです。

 

 内科的疾患による痛みの特徴
一方、内科的疾患による疼痛は、整形外科的疾患によるものとは特徴が異なります。そして、内科的疾患による痛みの場合は、内科的な治療によって、原因となっている内科疾患を治さなければなりません。

 

そのため、整形外科でいくら治療を行っても、症状が良くなることはありません。むしろ、内科的な治療を行わないため、痛みなどがどんどん強くなる可能性があります。

 

内科的疾患による疼痛と、整形外科的疾患によるものの一番の違いは、動作による症状の変化です。先ほど述べたように、整形外科的疾患は、問題のある関節が動くと痛みが悪化します。

 

しかし、内科的疾患の場合、関節に問題がないため、運動で症状が変化することは少ないです。むしろ、安静時や就寝時に痛みがあることが多いです。

 

また、内科的疾患による疼痛があるときは、内科的疾患に特有の症状を伴うことがほとんどです。

 

以下に、内科的疾患に特徴的な症状の例を挙げます。

 

・発熱、発汗、寝汗
・吐き気、嘔吐、下痢
・蒼白、めまい、失神
・疲労
・急な体重減少

 

また、痛みや痺れ(しびれ)、筋の緊張などの整形外科的疾患と類似する症状でも、一般的な整形外科的疾患では、起こらないような特徴というものもあります。例えば、左右同時に痛みなどの問題が生じたり、急に筋力低下が起こったりするなどです。

 

人は左右均等に体を使うことはありませんので、整形外科的な痛みが左右同時に発症することはありません。筋力低下に関しても、神経に問題があったり、痛みが強くて力が入りにくかったりしない限り、急に起こることはありません。

 

発疹やいぼなどの皮膚、爪(つめ)などの変化も、整形外科的な疾患では起こりにくいものの例として挙げられます。

 

最後に、内科的疾患で痛みが出現する可能性がある場所を、部位別にまとめます。

右肩痛

肝臓、胆のう疾患

肺疾患

左肩痛

心臓疾患

肺疾患

胃疾患

脾臓疾患

背部痛

胃・十二指腸疾患

肺疾患

心臓疾患

 

腰痛

腎臓疾患

肝臓・胆のう疾患

腹部大動脈瘤

腸疾患

婦人科系疾患

股関節痛

腎臓疾患

婦人科系疾患

 

今回述べたように、整形外科的疾患に似たような症状でも、実は内科的疾患が原因であることがあります。そのような場合は、受診するべきは整形外科ではなく、内科です。

 

病院は万能ではありません。最終的にあなたの体を守るのは、あなた自身です。そのため、あなた自身が今回の記事に書いたような知識を有し、痛みに対して自分なりの考えを持つこと大切です。

食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail


整形外科的疾患に類似する内科的疾患による痛みに注意すべき 関連ページ

痛みを我慢してはいけない理由:疼痛は体への警告信号である
関節痛の原因は脊柱にある:筋肉の緊張、関節のズレと背骨の関係
目と頭痛の関係性:後頭下筋群が頭痛の原因となる理由
肩関節周囲炎・五十肩で肩の痛みの原因となる筋肉:上腕二頭筋
肩甲骨の可動性・柔軟性が五十肩・野球肩の痛みと関係する理由
関節周囲の筋肉バランスと関節痛の関係性:筋が疼痛の原因となる
大腰筋と腰痛の関係性:大腰筋の緊張による腰痛の特徴
腰痛の原因と特徴、対処法(運動・ストレッチ)
体幹トレーニングと腰痛の関係性:誤った運動が腰痛の原因となる
坐骨神経痛の原因:椎間板と梨状筋による坐骨神経痛の症状と特徴
股関節痛と骨盤の関係性:股関節の痛みは骨盤の柔軟性が原因
膝(ひざ)関節の痛み・疼痛の原因:膝関節とお皿の関節
ひざの痛みの原因とその対処法:脛骨大腿関節、膝蓋大腿関節
ひざ周りの筋肉による痛みのメカニズム:筋肉のアンバランス
有酸素運動が関節痛に有効な理由:自律神経との関係
関節痛と寒冷療法・アイシングと温熱療法・ホットパックの関係性
痛みはなぜ生じるのか:炎症反応に伴う疼痛の意味を知る
脳と痛み、感情の関係性:ネガティブな感情が痛みを悪化させる
起床時の腰痛に対する解消・運動法・ストレッチ:椎間板性の腰痛
睡眠不足が体の痛みにつながる理由:自律神経と睡眠、背骨の関係
食事・食生活の不摂生と体の痛み・疼痛の関係:生活習慣と痛み
アルコールやチョコレートと体の痛みの関係性:食生活と疼痛
運動不足と関節痛、痛みの関係性:筋力と腰・背骨の柔軟性
消炎鎮痛剤・NSAIDs・痛み止めが効く疼痛:薬と痛みの関係
ストレスと頭痛の関係性:側頭筋と血管・血流、自律神経
変形が進行する関節の痛みがなくなる理由:関節が変形する原因
牛乳を飲みすぎると関節痛・痛みが出現する理由:乳糖不耐症
痛み・疼痛を予防・解消する思考法:ストレスをためない考え方
痛みを予防・解消する食事法:生体リズムと避けるべき食品
糖質の過剰摂取が痛みを長引かせる理由:糖質と慢性痛の関係性
薬や注射では変形性関節症が治らない理由:症状の根本的原因

サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ