脂質ダイエットによる体質改善

糖質制限でLowT3症候群になりやすい人の5つの特徴

lowT3

 

「糖質制限をしたらLowT3症候群になってしまった……」という悩みを抱えていないでしょうか? 厳格に糖質制限をしても、全く問題なく体調が良くなる人もいます。ただ、糖質制限を実施して体調不良になるケースが多いのも事実です。

 

糖質制限によって起こる代表的な不調に「LowT3症候群」が挙げられます。LowT3症候群とは、甲状腺ホルモンの働きが悪くなってしまい、疲れやすさや脱力感などの症状が現れる病気です。

 

安全に糖質制限をするためにも、「糖質制限によってLowT3症候群を発症しやすい人の特徴」を理解しておきましょう。

 

そこで今回は、「糖質制限でLowT3症候群になりやすい人における5つの特徴」について解説します。

 

糖質制限でLowT3症候群になりやすい人の5つの特徴

 

・女性である
・強いストレスや睡眠不足がある
・鉄不足がある
・カロリー制限(ダイエット)をしている
・脂肪の燃焼が悪い

 

LowT3症候群とは?

LowT3症候群とは、「T3」と呼ばれる甲状腺ホルモンが少なくなった状態です。甲状腺ホルモンの働きが悪くなってしまい、倦怠感や脱力感、体温低下といった代謝に関連する症状が出現する病気になります。

 

LowT3症候群は、極端なダイエットや重篤な病気など、体がエネルギー不足の状態になると発症します。

 

詳しくは「LowT3症候群とは?LowT3症候群の原因から症状、対処法まで全て解説」を参考にしてください。

 

糖質制限でLowT3症候群が発症しやすい理由

極端なダイエットや病気ではなく、糖質制限によってLowT3症候群になる人も少なくありません。

 

糖質制限に加えてカロリー制限もしていれば、エネルギー不足によってLowT3症候群になるのは当然です。ただ、糖質制限をしている人の中には、脂質やタンパク質でしっかりとカロリーを摂取しているにも関わらず、LowT3症候群になってしまう人も存在します。

 

そこでここからは、糖質制限がLowT3症候群の発症へ与える影響について解説します。

 

糖質制限をするとコルチゾールが増える

糖質制限をすると、必然的に「コルチゾール」がたくさん作られるようになります。コルチゾールとは、「副腎」と呼ばれる器官で作られるホルモンであり、体内で糖分を作り出す働きをもっています。

 

人間が生命を維持するためには、体内に糖分が必要不可欠です。赤血球や脳の一部など、エネルギーを糖からしか作り出せない組織があるためです(その他の組織は脂肪からもエネルギーが作り出せます)。

 

コルチゾールには、体内でタンパク質や脂肪から糖分を作り出す作用があります。こうした体内で糖を産生する仕組みを「糖新生」といいます。

 

糖新生を促す一つの要因として、コルチゾールが挙げられます。

 

糖質制限では食べ物から摂る糖質を減らしているため、通常以上に糖新生によって糖が作られなければいけません。そのため、糖質制限をしていると、必然的にコルチゾールがたくさん作られるようになるのです。

 

コルチゾールが過剰になると甲状腺ホルモンである「T3」の産生が妨げられます。

lowT3

そのため、糖質制限であまりにコルチゾールの分泌が促されると、LowT3症候群を発症しやすくなるのです。

 

また糖新生が上手く行われない人は、体に最低限必要な糖分が作られなくなるため、エネルギー不足によってLowT3症候群となる可能性があります。

 

このように、糖質制限をするとLowT3症候群を発症しやすくなるのです。

 

<関連記事>
糖質制限ダイエット中の低血糖を防ぐ「糖新生」とは?
女性が糖質制限するとLowT3症候群になりやすい理由

 

糖質制限をすると肝臓のエネルギー源が不足しがちになる

糖質制限をしていると、赤血球や脳の一部では糖新生によって作られた糖をエネルギー源とします。ただ、筋肉や脳の一部などのその他の細胞では、脂肪や「ケトン体」をエネルギー源としているのです。

 

ケトン体とは、脂肪から作られる物質であり、糖や脂肪と同じように細胞のエネルギー源となります。

 

通常の食事をしていると、エネルギーの大半が脂肪や糖から作られます。その一方で糖質制限をしていると、食事からの糖が極端に少なくなるため、脂肪とケトン体が主なエネルギー源になるのです。

 

ケトン体は、体内におけるほとんどの細胞でエネルギー源として利用できます。ただ、肝臓はケトン体をエネルギー源として利用できません

 

肝臓では非活性型の甲状腺ホルモン(T4)から活性型の甲状腺ホルモン(T3)への変換が行われます。当然、T4をT3へ変換するときには、肝臓にエネルギーが必要です。糖質制限をして脂肪酸やケトン体をメインのエネルギー源としていると、ケトン体を利用できない肝臓がエネルギー不足となってしまう可能性があります。

lowT3

その結果、T3が少なくなってLowT3症候群となってしまうのです。

 

当然、脂肪肝や肝炎などで肝機能が低下しているケースも同様です。

 

このように、肝臓がケトン体をエネルギー源として利用できないことも、糖質制限をするとLowT3症候群になりやすい理由の一つだといえます。

 

<関連記事>
甲状腺ホルモンに関する基礎知識:T3、T4とFT3、FT4の違い

 

糖質制限でLowT3症候群になる人の5つの特徴

ここまで述べたように、糖質制限をすること自体がLowT3症候群を発症する一つの要因になります。ただ、糖質制限をしてもLowT3症候群にならない人もたくさんいます。

 

そこで、糖質制限をするとLowT3症候群になりやすい人の特徴について記します。

 

女性である

女性は「ストレスが溜まりやすい」」「睡眠不足になりやすい」「女性ホルモンのバランス」「筋肉量の少なさ」「鉄不足」などの影響でLowT3症候群になりやすいです。こうした要因が、コルチゾールの過剰なエネルギー不足を悪化させることになります。

 

そのため、女性が厳格な糖質制限をすると、さらにLowT3症候群を発症しやすくなります。

 

女性がLowT3症候群になりやすい理由に関しては、「ダイエットをしている女性がLowT3症候群になりやすい理由」に詳しく書いています。

 

ストレスや睡眠不足がある

ストレスや睡眠不足は、コルチゾールの分泌を促します。そのため、ストレスや睡眠不足が強い人が糖質制限をすると、LowT3症候群を発症しやすくなります。

 

例えば、神経質でストレスを受けやすい性格の人は、コルチゾールが作られやすいです。その他にも、慢性的なストレスや睡眠不足、過剰な運動、過労はコルチゾールが過剰な状態を招きます。

 

そうした状況で糖質制限をすると、コルチゾール過多を強めてしまうため、LowT3症候群になりやすくなってしまうのです。

 

ちなみに、コルチゾールには筋肉を分解する働きがあるため、コルチゾールが多いと筋肉量も少なくなり「非筋肉質」となりやすいです。

 

鉄不足がある

血液検査などで明らかな貧血が認められる人は、糖質制限によってLowT3症候群になりやすいです。

 

肝臓においてT3を産生する際には、鉄が必要不可欠になります。

LowT3

また、肝臓以外におけるエネルギー産生にも鉄が欠かせません。

 

糖質制限をすると、糖というエネルギー源が少なくなります。当然、鉄不足のためにエネルギーが作られにくい状況で糖質制限をすると、さらにエネルギー不足の状態と招きやすくなります。

 

つまり、鉄不足になると「肝臓におけるT3の産生が不足してしまう」「エネルギーが不足してしまう」という2つの理由で、LowT3症候群を発症しやすくなるのです。

 

このように、鉄不足がある場合にも、糖質制限によってLowT3症候群が発症しやすくなるのです。

 

カロリー制限をしている

糖質制限をする上では、カロリー制限にならないようにすることは基本になります。

 

ただ、どうしてもダイエット目的に糖質制限をしていると、知らぬ間に糖質制限 + カロリー制限になりがちなのです。

 

特に女性には、炭水化物の代わりに肉や卵といったタンパク質、脂質を摂ろうとしても、なかなか十分な量を食べられない人も多いです。そうなると、糖質制限をしているつもりが、結果的にカロリー制限になってしまいます。

 

このように、タンパク質や脂質をしっかり食べれない人は、糖質制限によってカロリー不足となりLowT3症候群を発症しやすくなるのです。

 

脂質代謝が悪い(脂肪からエネルギーを作り出せない)

既に述べたように、糖質制限をすると糖質ではなく脂肪やケトン体を主なエネルギー源とします。ただ、中には脂肪やケトン体から上手くエネルギーを作り出せない人もいるのです。

 

例えば、脂肪からエネルギーを作り出すためには、ビタミンB群や鉄、マグネシウム、亜鉛など、さまざまな栄養素が必要になります。

 

こうした栄養素が不足していると、脂肪から十分にエネルギーが作れなくなってしまうのです。

 

糖質制限をしているのに脂肪からエネルギーが作れないと、当然ながらエネルギー不足になってしまいます。その結果、LowT3症候群を発症するのです。

 

このように、脂肪の代謝が悪い人も、糖質制限をするとLowT3症候群になる可能性が高いといえます。

 

<関連記事>
ミトコンドリアダイエットを確実に成功させる8つのポイント

 

今回述べたように、糖質制限自体がLowT3症候群を招く一つの要因になります。もちろん、糖質制限によって体調が良くなる人もたくさんいます。

 

ただ、以上に挙げた「女性である」「ストレスや睡眠不足がある」「鉄不足がある」「カロリー制限をしている」「脂質の代謝が悪い」という5つの特徴に当てはまる場合には、糖質制限によってLowT3症候群を発症する可能性が高くなるため、注意してください。


食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail


糖質制限でLowT3症候群になりやすい人の5つの特徴 関連ページ

糖質制限ダイエットは危険?糖質制限に対する5つの勘違い
砂糖が精神面に与える影響とは?甘いものに依存性がある理由
糖質と炭水化物の違いとは?それぞれの特徴について解説
ダイエットに必要な体のエネルギー源に関する基礎知識
飽和脂肪酸はダイエットの敵?ダイエット中に飽和脂肪酸を摂るべき理由
糖質摂取は肥満だけでなく環境破壊につながる:穀物生産の現状
脳のエネルギー源はブドウ糖だけって本当?脳がブドウ糖を好む理由
適正な血糖値を決める要因:活動性から考える人間に必要な血糖値
糖質が体に与える影響:インスリン過剰分泌、糖化
糖質制限ダイエット中の低血糖を防ぐ「糖新生」とは?
血糖調整メカニズムを学びダイエットで成功する:脂質ダイエット
低血糖症の原因と精神症状・身体症状が出現するメカニズム
LowT3症候群とは?LowT3症候群の原因から症状、対処法まで全て解説
糖質制限ダイエットで起こるエネルギー産生システムの変化
糖質制限ダイエット中に起こりやすい肝臓トラブルの原因と対処法
日本人が1日3食となった歴史と糖質食の関係性:脂質ダイエット
糖質制限によって不調が出現?糖質制限を行うべきでない人
低血糖症体質と低血糖症の類似疾患を学びダイエットで成功する
糖質制限ダイエットで食べていいもの一覧:食材別糖質量のまとめ
糖質制限ダイエット中におやつ・間食は食べていいのか?
糖質制限ダイエット実践者必見!糖質の正しい摂り方
糖質制限ダイエットにサプリメントが必要ない理由とサプリが有効なケース
糖質制限ダイエットで体調不良になる原因と対処法
糖質制限ダイエットで食後の血糖値が上がるメカニズム
糖質制限ダイエットをしても痩せないときに疑うべき3つのポイント
糖質制限ダイエットをしても筋肉が落ちない理由
高タンパク質食なのに血液検査でタンパク質不足となる原因
男性と比べて女性がLowT3症候群になりやすい理由

サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ