脂質ダイエットによる体質改善

停滞期にはチートデイではなく間欠的ファスティングがおススメ

diet cheatday

 

停滞期を抜け出すダイエット方法を探していると、「チートデイ」や「ファスティング」といった言葉をよく目にするのではないでしょうか?

 

どちらも、食べる日と食べない日を明確にする食事法になります。ただ、チートデイが「基本的に食事制限をして、たまに制限を緩める」という方法である一方で、間欠的ファスティングは「基本的には普通に食事をし、たまに制限する日を作る」という食事法です。

 

もちろん、チートデイと間欠的ファスティングの目的は全く違います。ただ、ダイエットをする上で、このように食事にメリハリをつけることは大切です。

 

そうした際に、長期的にダイエットをするのであれば、チートデイを使った食事方法ではなく間欠的ファスティングがおススメです。間欠的ファスティングの方が、精神的にも肉体的にも負担が小さく継続できます。

 

そこで今回は、「停滞期にはチートデイではなく間欠的不ファスティングを実施すべき理由」

 

チートデイとは?

ダイエット中の停滞期を脱出する方法として、「チートデイ」を推奨する人は多いです。チートデイとは、食事制限を緩める日のことを指します。

 

チートデイのやり方

チーとデイのやり方は簡単です。基本的に実施している何かしらの食事制限を1~2週間に1~2日だけ緩めて、たくさん食べる日を設けるだけになります。

 

例えば、普段あなたが糖質制限をしているのであれば、週に1回程度たくさん糖質を食べる日(チートデイ)を作ります。またカロリー制限をしているのであれば、一般的に必要とされる以上にカロリー摂取する日を、週1回程度作れば良いです。

cheatday

チートデイの目的

チートデイの目的は、脳を騙すことだといえます。

 

脳は食事が制限されていることで「エネルギーが足りない」と感じます。そうなると、脳はエネルギーの消費を抑えるために代謝を落とします。つまり、省エネモードになって痩せにくくなるのです。

 

そうしたことを避けるために行うのが、チートデイになります。定期的に食事制限を解除して食べることで、脳に「エネルギーは足りている」と思わせて代謝が落ちないようにするのです。

 

間欠的ファスティングとは?

そうはいっても、チートデイを取り入れるダイエットは、基本的に食事を制限することになるため長期的に続けるのは難しいです。ただ、一般的なカロリー制限では体重は減らない上にリバウンドしたり、体調不良になったりします。

 

そうしたときにおススメするのが「間欠的ファスティング」です。

 

間欠的ファスティングのやり方

間欠的ファスティングとは、「週に何日か普段より食事回数を減らす日を作る」という食事法になります。

 

例えば、毎日3回食べているのであれば、火曜日と金曜日を1食にすれば間欠的ファスティングになります。

 

diet

ポイントは、連続して食事回数を減らさないことです。

 

間欠的ファスティングの一番の目的は、食べない時間を作ることにあります。ただ、そうだからといって毎日1食や2食にしてしまうと、体が慣れてしまってファスティングの効果は半減してしまうのです。

 

間欠的ファスティングの目的

間欠的ファスティングも、チートデイと同じように脳を騙す食事法になります。

 

ただ、既に述べたように間欠的ファスティングの一番の目的は、何も食べない時間を作ることにあります。そうすることが、肥満の原因である「インスリン抵抗性」の改善につながるためです。

 

*インスリン抵抗性に関しては、「なかなか痩せない原因について解説:インスリン抵抗性の解消法」に詳しく書いています。

 

ただ、毎日食事回数を少なくして食べる量が減ってしまうと、エネルギー不足になってしまいます。そうなると、体は代謝を落として省エネモードになるため、痩せにくくなるのです。

 

そうしたことを避けるために「間欠的」にファスティングをすることで、脳を騙すことで代謝の低下を防ぎつつ、食べない時間を確保するのが間欠的ファスティングの目的になります。

 

このように、チートデイが「基本的に食事制限をしており、たまに制限を緩める日を作る」というのに対して、間欠的ファスティングは逆に「基本は普通の食事をして、たまに制限する日を作る」というものになります。

 

cheatday

ダイエットには間欠的ファスティングがおススメである理由

ここまで述べたように、チートデイは食事制限に慣れた脳を騙して代謝を高めることが一番の目的です。それに対して間欠的ファスティングは、「食べない時間を作ってインスリン抵抗性を下げる」ということが目的になります。

 

つまり、チートデイと間欠的ファスティングは、そもそもの目的が違うのです。

 

ただ、食べる日と食べない日を作ってメリハリを作る方が痩せやすいことには間違いありません。特に、停滞期には食事に変化をつけることが必要不可欠です。

 

そうした中で、チートデイと間欠的ファスティングを比較するのであれば、圧倒的に間欠的ファスティングを実施することをおススメします。

 

継続した食事制限をするダイエット方法は間違っている

チートデイは、ベースに「長期的に何かしらの食事制限をしている」というものがあります。

 

しかし、そもそも極端なカロリー制限や糖質制限を長期的にすべきではありません。エネルギー不足になったり、体調不良になったりする可能性が高いためです。

 

また極端な食事制限は、チートデイを設けたとしても、ほとんどの確率で断念します。長期的に食事量や糖質量を減らすことは、体調面の問題だけでなく精神的にも続けることが難しいためです。

 

このように、継続した食事制限を実施するダイエット方法は、そもそも間違えているのです。

 

間欠的ファスティングは長期的に続けやすい

チートデイが食事制限をベースとしているのに対して、間欠的ファスティングは基本的に食事制限をしていません。そのため、チートデイと比較して継続して行いやすいのです。

 

このように間欠的ファスティングは、食事にはメリハリをつけることができる上に長期的に取り組めるので、ダイエットには効果的な方法だといえます。

 

インスリン抵抗性を改善できる

間欠的ファスティングの一番の目的は、インスリン抵抗性の改善にあります。

 

長期的に肥満状態にある場合、インスリン抵抗性が原因で体重が減らないケースが多いです。

 

間欠的ファスティングには、そうしたインスリン抵抗性による肥満を改善する効果が期待できます。

 

このように、インスリン抵抗性の改善につながることも間欠的ファスティングをおススメする理由の一つです。

 

代謝を落とさずに食べない時間を作れる

インスリン抵抗性を改善するためには、食べない時間を作ることが大切になります。ただ、長期的なカロリー制限や毎日1、2食の食事にすると、体が慣れてしまって代謝が落ちてしまうのです。

 

間欠的ファスティングを実施すると、週単位でみるとカロリー制限になります。

 

zyoseiundoudiet

ただ、間欠的ファスティングでは代謝が落ちません。週単位でみるとカロリー制限になっているけれども、持続的な制限でないため、脳が騙されて「エネルギー不足ではない」と認識するためです。

 

その結果、代謝を落とさずに食べない時間を長く作くることができ、インスリン抵抗性の改善につながります。

 

このように、脳を騙して代謝を下げないことも間欠的ファスティングをおススメする理由の一つです。

 

短期的かつ一時的なダイエットにはチートデイもアリ

ここまで述べたように、基本的にダイエットではチートデイを設けるような食事法は必要ありません。長期的に実施する食事制限は上手くいかないためです。

 

ただ、ボディビルダーやボクサーなど、短期的かつ一時的に減量しなければいけない場合には有効になります。

 

例えば、「基本的には60キロをキープしているけれども、試合に出場するために52キロまで落とさなければいけない」「ただ、試合が終われば60キロに戻って良い」という状況であれば、チートデイが有効です。

 

試合に向けて食事制限をしていると、必ず体重が落ちない時期が訪れます。そのときには、さらに食事制限を強めるよりも、チートデイを設けた方が減量しやすいのです。

 

このように、短期的かつ一時的な減量をする場合には、チートデイが有効になります。

 

今回述べたように、ダイエットをするときには、基本的にチートデイを設けるような食事法は止めた方が良いです。ただ、食事にはメリハリを持たせないと、いずれ体重が減りにくいのは確かです。

 

そうした際には、間欠的ファスティングをおススメします。

 

間欠的ファスティングを実施することで、極端な食事制限をすることなく、食事にメリハリをつけれるようになります。体重が変化せずに悩んでいるのであれば、ぜひ間欠的ファスティングを試してみるようにしましょう。


食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail


停滞期にはチートデイではなく間欠的ファスティングがおススメ 関連ページ

確実に痩せる!ダイエットにおける正しい食事制限の方法
朝食抜きダイエットで成功する人としない人の違い
ダイエットを成功させるための昼食・夕食に対する考え方
ダイエットには血糖値のコントロールが必須!食品が血糖値に与える影響
ダイエット中は甘い飲み物はダメ?ダイエット中に避けるべき飲み物
ダイエット中でもお酒は飲んで大丈夫?太らないお酒の飲み方
ダイエット中の間食で避けるべき食べ物・おすすめの食べ物
副作用で太る薬と、薬が体重を増減させるメカニズム
なかなか痩せない原因について解説:インスリン抵抗性の解消法
ダイエット中に避けるべき果物と食べてもオッケーな果物
ダイエットに必要な食事に対する考え方:肥満と慢性炎症
ダイエット中にはタンパク質不足に注意!タンパク質はダイエットの味方
ダイエット中の間食をやめられない原因と解消法
ダイエット中の間食におススメであるナッツの栄養素を徹底比較
脂肪を食べると太る6つの原因:これさえ避ければ脂肪は怖くない
ダイエット中の間食する食品を選ぶ基準:GI値、食物インスリン指数
ダイエット中には間食をやめるべき?間食をやめる効果とは

サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ