脂質ダイエットによる体質改善

ダイエット中には間食をやめるべき?間食をやめる効果とは

diet kansyokuwoyameru kouka

 

「ダイエット中の間食がやめられないけど、やっぱり間食はやめた方がいいの?」と思った経験はないでしょうか?

 

結論から述べると、ダイエット中であれば間食をやめた方がいいです。

 

そうはいっても、間食をやめる効果を実感できなければ、なかなか間食はやめられないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「間食をやめることで得られるダイエット効果」について解説します。

 

ダイエット中に間食をやめることで得られる効果とは?

ダイエットをしているのであれば、お菓子やおやつといった間食を減らした方が良いことは直感的には理解できるはずです。ただ、間食を止めるべき理由を「カロリーの摂りすぎになるため」だと考えています。

 

確かに、間食としてお菓子やおやつを食べると摂取カロリー量は増えます。しかし、間食をやめることで得られる効果は摂取カロリー量の問題ではなく、「インスリン抵抗性」を解消することにあるのです。

 

インスリン抵抗性とは?

インスリン抵抗性とは、すい臓で作られる「インスリン」と呼ばれるホルモンが働きにくくなっている状態のことをいいます。インスリンには、体に脂肪を蓄積させる作用があります。つまり、インスリンがたくさん作られてしまうと、太りやすくなるということです。

 

通常、インスリンはすい臓で作られた後、血液によって全身の筋肉や肝臓などに届けられます。そして、筋肉や肝臓へ血液中に存在する糖や脂肪を取り込ませるように働きかけるのです。

 

いってしまえば、インスリンは筋肉や肝臓などで使われてしまえば、血液中にあふれてしまうことはありません

 

インスリン抵抗性の状態になると、すい臓でインスリンが作られるものの、インスリンが筋肉や肝臓で働かなくなっていまいます。その結果、血液中にインスリンがあふれてしまうのです。

 

diet kansyokuwoyameru kouka

既に述べたように、インスリンには体に脂肪を溜め込ませる作用があります。そのため、インスリン抵抗性が生じると太りやすくなるのです。

 

<関連記事>
なかなか痩せない原因について解説:インスリン抵抗性の解消法

 

インスリン抵抗性が起こると痩せにくい

またインスリン抵抗性の状態になると、体重が落ちにくくなることも明らかになっています。インスリン抵抗性が、体重の「セットポイント」を上げて固定してしまうためです。

 

セットポイントとは、あなたの体内で決まっている体重の値になります。

 

エアコンを想像してみてください。エアコンは設定温度を決めると、室内が設定した温度になるように自動で調整してくれます。例えば、調理で火を使って室温が高くなってしまったときには、冷たい風を多く送り出すことで室温を下げるように働きます。

 

体にもエアコンのような設定体重が存在しており、それがセットポイントです。

 

例えば、私は現在59キロにセットポイントが設定されていると予測できます。当然ながら、食べ過ぎてしまった翌日には体重が少し増えますし、ファスティングなどで食べる量が減った翌日は体重が減ります。

 

ただ、セットポイントが59キロから変動しない限り、体重は数日で59キロに戻るのです。エアコンが設定温度に調整してくれるのと同じように、体重もセットポイントの値から大きく変動しないように自然と体が調節してくれるのです

diet kansyokuwoyameru kouka

いってしまえば、本当の意味でダイエットを成功させるためには、セットポイントを下げなければいけないのです。

 

そして、インスリン抵抗性になると、セットポイントが高い値で固定されていまいます。つまり、体重が減らないのです。

 

あなたは、「いくらダイエットをしても体重が落ちない」と悩んだ経験がある、もしくは現在悩んでいるのではないでしょうか。それは、インスリン抵抗性によってセットポイントが下がらないことが原因である可能性が高いのです。

 

このように、インスリン抵抗性になると、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

 

間食をやめるとインスリン抵抗性がなくなって痩せる

間食としてお菓子やおやつを食べることは、インスリン抵抗性を高めることにつながります。そのため、ダイエット中にはできる限り間食を避けるべきなのです。

 

インスリン抵抗性は、インスリンが長い時間血液中に存在していると発生します。常に血液中に大量のインスリンが存在していると、筋肉や肝臓がインスリンに慣れてしまってインスリンが働きにくくなるのです。

 

例えば、同じ食べ物を毎日食べていると、飽きて食べたくなくなりますよね? それと同じように、筋肉や肝臓もインスリンに常にさらされていると、インスリンを拒否するようになるのです。その結果、インスリン抵抗性が高まります。

 

基本的に、インスリンは食べ物を食べると分泌されます。そのため、間食をするとインスリンにさらされている時間が長くなるため、インスリン抵抗性が高まりやすくなるのです。

 

一日3食に加えて間食をすれば、インスリンの分泌は以下のようになります。

diet kansyokuwoyameru kouka

それが間食をやめると、以下のようにインスリンにさらされている時間が短くなるのです。

diet kansyokuwoyameru kouka

その結果、インスリン抵抗性が下がってやせやすくなります。

 

このように、間食をやめると肥満の原因となるインスリン抵抗性を解消する効果があるのです。

 

今回述べたように、チョコチョコ食べは肥満の原因となるインスリン抵抗性を招くことになります。逆に間食をやめることは、インスリン抵抗性を防ぐ効果が期待できます。

 

ダイエットを始めるのであれば、まずこうした間食をやめることで得られる効果について理解しておきましょう。


食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail



サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ