筋力トレーニングのメリット:姿勢、代謝、疲れにくい身体

筋肉にはさまざまな役割があります。骨の周りに付き、収縮することで身体を動かします。また身体を動かすだけではなく、骨を固定することで姿勢の維持も行います。

 

また、筋肉は血液を全身に巡らせるためにも役立っています。筋肉が収縮することでポンプのような役割を果たし、末端まで血液を送り届けることができます。

 

このように、意識していないところでも筋肉はその役割を果たしています。

 

 筋肉の活動を高めるには
筋肉は筋繊維という「筋肉を構成する糸」のようなものが集まってできています。筋肉が収縮するときには、この筋繊維一本一本が重なるように動いています。私たちが物を動かしたり、走ったり、姿勢を保てるのは、筋肉が収縮しているからです。

 

その筋肉がより動きやすいようにその働きを向上させるために行うのが、筋力トレーニングです。

 

筋力トレーニングを行うと筋肉の収縮力を向上させることができます。トレーニングにより筋繊維が太くなることで、より大きな力が発揮できるようになるのです。

 

スポーツをする方は、運動のパフォーマンス向上を目的として筋肉トレーニングを行います。筋力トレーニングにより、筋肉の収縮の力が高まり、素早くて力強い動きが可能となります。

 

また筋力トレーニングは、スポーツ以外にも有効です。筋力トレーニングを行うと、どのようなメリットがあるかについて解説していきます。

 

 筋肉を鍛えることのメリット
筋肉を鍛えることには、多くのメリットがあります。その中でもよく挙げられるものが、以下の3つです。

 

・姿勢がよくなる
・代謝がよくなる
・疲れにくい体になる

 

まず、1つ目の「姿勢がよくなる」についてみていきます。

 

筋肉の役割は「運動」と「支持」の二つの役割があります。姿勢はこの「支持」の役割に関係しています。筋肉は骨や脂肪、血液などといった組織を支える役割を担っています。体重に対して適切な筋肉量であれば、姿勢を無理なく維持することができます。

 

一方、筋肉量が不足していると、重力に抵抗することができず、胸を張ることができなかったり猫背になったりします。

 

また、姿勢を良くするための筋力トレーニングをする際に考慮すべき点があります。それは筋肉の部位や種類によって、「運動がメインの筋肉」と「支持がメインの筋肉」に分類されている点です。

 

筋力トレーニングをする際は、自分が行っているトレーニングがどちらのものに適しているかを考えながらやると、より効率的なものとなります。

 

「支持がメインの筋肉」は「抗重力筋」とも呼ばれ、例えば、ふくらはぎ(下腿三頭筋)やお腹(腹直筋、腹横筋)、背中(脊柱起立筋群)などが代表的なものです。

 

 筋肉はエネルギーの代謝にも役立っている
筋肉が姿勢の維持に使われているということはただ、立ったり、座ったりしているだけでも筋肉は仕事をしているということです。言い換えれば、筋肉は知らず知らずのうちにエネルギーを消費しています。
 
一般的に私たちが生活しなくても使われるエネルギーとはどれぐらいなのでしょうか。それを表す指標が、基礎代謝量です。例えば、成人男性の平均的な基礎代謝量は約1500kcal、女性ですと1200kcalです。

 

一般的に男性の方が筋肉は多くあるのでこのように基礎代謝量が大きくなります。この基礎代謝量に加えて、私たちが動いた分のエネルギーが消費されます。

 

 筋力トレーニングはダイエットにも効果的
筋肉を動かすにはエネルギーが必要となるので、筋肉量が増えるほど、必要なエネルギーが多くなります。そのため、ダイエットをして痩せたい方には筋肉量を増やすことをお勧めします。

 

なぜなら、筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増えます。そのため同じエネルギーの摂取量でも、筋力が多い人のほうが消費するエネルギーが多く、やせやすい身体になるのです。このような理由から、食事制限のみで痩せることには注意が必要です。

 

食事制限によって必要なエネルギーの摂取ができないと、脳から司令が出てエネルギーを消費しやすい「筋肉」を減らすように働きかけます。筋肉量が減ることで基礎代謝量が減り、思ったように体重が減らないという結果になってしまうこともあります。また筋肉量が減るので、姿勢が悪くなってしまう可能性もでてきます。

 

より効率的に体重を落として、プロポーションのいい体を目指すなら食事制限もしつつ、筋肉量を増やすように心がけるとよいでしょう。

 

 疲れにくい体になる
疲れの原因の一つと言われている物質に「乳酸」があります。疲れているときは、この乳酸が分解されずに貯められすぎている状態になっていきます。

 

しかし、乳酸は筋肉にとって欠かせない物質です。筋肉はこの乳酸を分解してエネルギーを得ています。筋肉量が増えれば増えるほど、分解できる乳酸の量は増えます。筋力トレーニングをすることのメリットはこの点にあります。

 

例えば久しぶりに運動をすると、「運動したら気分もリフレッシュして、運動する前よりも調子がいい」と感じることがあります。

 

これは、適度な運動により貯まりすぎていた乳酸が消費され、適切な量になったことが考えられます。

 

このように筋肉を鍛えることのメリットはたくさんあります。

 

筋力トレーニングをする際にはこのようなことを意識しつつも、自分の目標に合った筋力トレーニングをしていきましょう。

食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail


筋力トレーニングのメリット:姿勢、代謝、疲れにくい身体 関連ページ

整体やスポーツの施術者に必要な「固有受容器」のセンサー機能
姿勢維持における首の重要性
運動機能の理解に必要な関節の役割
施術者の緊張状態が取れると、施術やトレーニングの効果が高まる
歩行のメカニズムと筋肉の動き
日常生活では欠かせない股関節の働き
体幹の役割と体幹を構成する骨・筋肉
呼吸の質を高めるための筋肉と骨の動き方
上肢の構造と機能
運動パフォーマンスを向上させる筋肉の特性と反射
スポーツのパフォーマンス向上に役立つ身体の緊張を取る方法
スポーツの運動パフォーマンスが低下する要因
スポーツのパフォーマンス向上に必要な関節の機能
日常生活やスポーツでの水分補給の重要性と摂取のタイミング
猫背や反り腰など、姿勢が悪くなることの弊害と影響
体脂肪率は姿勢や運動、水分量で測定値が変わる
食物の消化の仕組みと内臓の疲労
ロコモティブシンドロームを運動と食事から予防する
自律神経の乱れによる身体の不調と整え方
筋力トレーニングを行う際に必要な8つの原則
スポーツでも発生しやすい腰椎椎間板ヘルニア
成長期の子供に多い「オスグッド・シュラッダー病」の原因と対策
ジャンプ動作をするスポーツで起こりやすい「ジャンパー膝」
外反母趾の影響と対策

サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ