脂質ダイエットによる体質改善

舌から体の状態(体調)を予測・把握して障害を予防する方法

障害を予防するためには、自己管理が欠かせません。それは、関節痛や高血圧、高血糖など、体に起こる不調のほとんどは、自律神経の問題によって生じるためです。

 

そして、自律神経の不調は、ストレスや生活習慣の乱れによって起こります。自律神経を整えるために、ストレスコントロールや生活習慣を管理することが必要です。これは結果として障害予防に必要となります。

 

また、障害発生には決まったプロセスがあります。そのプロセスにおいて、早期の段階に発見し、解消することで、体への負担なく障害を予防することができます。

 

早期の段階で症状を発見するための1つの方法に、舌の観察があります。

 

舌には、内臓の状態が現れます。そのため、食べ過ぎや、食事の偏りといった食生活の乱れは、舌を見ることで判断できます。

 

そこで今回は、舌の見方について解説します。

 

 舌の構造
意外と知らない人が多いのですが、舌は筋肉でできています。そして、舌を自由に動かすことで、食べ物を口から喉に送り込んだり、舌にある感覚器で味を感じたりする役割があります。

 

舌の表面は、粘膜によって覆われています。そして、粘膜には小さな隆起がたくさんあります。この隆起には2種類あり、「茸状乳頭(じじょうにゅうとう)」と「糸状乳頭」と呼ばれます。この2つの突起によって、舌の表面における外観を作ります。

 

この内、茸状乳頭は味覚に関係します。また、表面が薄いため、血管が透けて赤く見えます。つまり、舌の「色」を作っており、循環状態を図る指標になります。

 

一方、糸状乳頭は老廃物や食べ物カス、細菌などが積み重なってできます。そのことで、「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる、舌の表面に付着する白い層を作ります。舌を見てみるとわかりますが、舌の表面は白くなっています。この舌苔は、糸状乳頭で構成されています。

 

また、舌の裏側には中心部の両脇に「舌脈」と呼ばれる2本の血管が走っています。舌脈も、全身状態を予測するためには重要なものです。

 

このような舌の構造を見ると、さまざまな体の状態を予測することができます。

 

 舌の状態から予測できるもの
舌は、全身の状態を表していると言われています。そのため、舌の形や色、舌苔の性質や色、舌脈などを見ることで、さまざまなことを予測できます。

 

 ・舌の形
舌の形は、全身の栄養状態や水分代謝を表しているとされています。例えば、痩せて薄い舌をしている場合、栄養不良が予測されます。また逆に、ボテッとした分厚い舌は、体内に水分が溜まっている可能性を示しています。

 

さらに、そのような分厚い舌は、周囲に歯形が付いていることが多く、舌の外周がデコボコしています。

 

 ・舌の色
舌の色は、全身の循環状態を表しているとされています。健康であれば、舌は薄ピンクの色をしています。

 

全身の循環が悪くなると、舌の色が青白くなります。一方、舌が赤すぎる場合は、炎症や代謝の亢進などの状態が予測されます。

 

また、舌脈も循環の状態に影響されています。特に、舌脈は心臓に関係していると言われており、心の働きが弱く全身の循環が悪くなると、色は黒っぽくなり、大きさも太くなります。

 

 ・舌苔
舌苔の厚さは、病気の重さを表していると言われています。日本人は、舌を磨いている人が多いため、舌苔による判断しにくい場合があります。

 

舌苔が厚いほど病気が重く、舌苔が薄ければ、病気は軽い可能性が高いと判断できます

 

また、舌苔の色は、病気の性質を表しています。舌苔の色は、健康な人の場合、薄い白色です。しかし、炎症や代謝の亢進が起こると、舌苔は黄色くなります。逆に代謝が悪くなっていると、舌苔は白さが増します。

 

今回述べたように、舌を見ることで、全身の状態を予測することができます。舌の変化は、関節痛や痺れ等が出現するよりも早く現れます。

 

そのため、舌の変化にいち早く気づき、対処することで障害を予防することができます。

食欲コントロールダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録


dietmail


舌から体の状態(体調)を予測・把握して障害を予防する方法 関連ページ

障害予防に自己管理が大切な理由:生活習慣・自律神経の影響
障害予防に必要な睡眠の基礎知識:レム睡眠・ノンレム睡眠
障害を予防する方法:筋肉の緊張・硬さから体調を予測・把握する
便から体の状態(体調)を予測・把握して障害を予防する方法
体の変化に気づいて病気が発症する前に障害を予防する大切さ
症状から問題点を予測する:朝の不調は食事やストレスが原因
障害を予防するために必要な食事法とは:健康的な食事のポイント
障害を予防するために必要な睡眠法とは:リズム、質、睡眠時間
障害を予防するために必要な運動法とは:自律神経と有酸素運動
症状から問題点を予測する:体がだるい(倦怠感)の原因を考える
障害を予防する食事法:規則正しい食事、自律神経、生体リズム
生体リズム(体内時計)を学び、障害を予防する睡眠法を知る
不要な物を避けて障害を予防する食事:内臓、背骨・自律神経
便と腸内細菌、自律神経の関係性:便から自律神経を評価する
生体リズムに沿った睡眠で障害を予防する:自律神経とホルモン
障害を予防する運動:有酸素運動の自律神経への効果と実践方法
障害を予防する食事法:エネルギー不足と糖質、脂質の関係性
障害を予防する睡眠法:寝る環境(照明、騒音、湿度、温度)
食事でリーキガット症候群は防げる!リーキーガットの原因となる栄養素
副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)とは:病態、症状
副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)の原因と予防・治療法
副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)の検査法
副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)の類似・関連疾患

サイトマップ
HOME ダイエットメルマガ ダイエット相談 プロフィール 出版本 お問い合わせ