脂質ダイエットによる体質改善

糖質制限食が糖尿病に有効な理由:糖質制限でDMを予防する

糖尿病は、「インスリン」というホルモンの機能が低下することによって、代謝が障害される疾患です。インスリンは、血糖値が上昇すると分泌され、血糖コントロールを行います。

 

インスリンの機能が低下するのには、2つの場合が考えられます。1つ目は、インスリンを分泌する「膵臓(すいぞう)」が障害されているケースです。そして、2つ目は、インスリンは放出されているものの、その働きが悪い状態です。

 

どちらにしても、インスリンの働きが低下していると、体は高血糖状態(血液中の糖質の量が多い状態)になります。高血糖状態では、全身の血管に動脈硬化が起こりやすくなります。さらに、さまざまな体の不調が引き起こされます。

 

しかし、よく考えてみると、血糖値が上昇しなければ、インスリンの分泌は必要ありません。そうなると、インスリンの働きが低下していても、大きな問題は起こりません。そして、血糖値を上昇させる、唯一の食べ物は糖質です。

 

そのため、糖尿病の予防や治療に対して、糖質制限食が推奨されています。しかし、見解はさまざまであり、人によっては、「糖質制限食は危険だ」という人もいます。

 

しかし、糖質制限食は、とくに安全面に関しては問題ありません。しかも、糖尿病だけでなく、さまざまな病気の予防への可能性も示されています。

 

そこで今回は、糖質制限食の実際について解説します。

 

 糖質制限食の定義
糖質制限食は、米国糖尿病学会によって「1日糖質量130グラム以内の食事」と定義されています。しかし、特に世界共通の公式の定義はないため、従来の糖尿病食よりも糖質量、もしくは糖質割合を減らしたものは、全て糖質制限食と言うことができます。

 

糖質制限食の目的は、食後高血糖を避けること、インスリンの必要分泌量を減らすこと、体重を減らすこと、の3つにあります。この効果は、1日糖質量を130グラム以内にしないと認められません。

 

そのため、糖尿病治療食としての糖質制限食とは、1日糖質量130グラム以内の食事であると考えてください。そして、この糖質量130グラムというものは、糖質制限食の最低限の基準であると考えて置いてください。

 

もっと糖質制限食の効果を上げたいのであれば、もう少し糖質の摂取量の制限を強くする必要があります。

 

糖質制限食は、その効果はもちろんのこと、安全性も確認されています。しかし、以下のような注意点もあります。

 

・腎不全、肝硬変、膵炎、長鎖脂肪酸代謝異常症のある場合は、適用外。
・インスリン注射や内服を行っている場合は、必ず医者の指導下で行うこと。

 

糖質制限食では、糖質を摂る量を減らす分だけ、タンパク質と脂肪の摂取量が多くなります。そのため、タンパク質の代謝に関わる腎臓や、脂肪の消化に関係する膵臓の機能が低下している場合、糖質制限食は適用外になります。また、肝硬変がある場合、低血糖を起こしやすくなるため、糖質制限食は避ける必要があります。

 

さらに、糖質制限食は、すぐに効果が表れます。そのため、注射や薬などでインスリンを補っていると、インスリンが過剰な状態となってしまいます。そのため、このような場合は、医師の管理のもと、注射や薬をコントロールしながら行う必要があります。

 

 糖質制限食の実際
実際に、糖質制限食を行っている病院の指導をもとに、糖質制限食を説明します。その病院では、糖質制限の段階を2つに分けて行っています。

 

 ・極度の糖質制限食
この食事療法では、毎食、主食を含めた糖質量の多い食品を避けます。3大栄養素のエネルギー比において、糖質が占める割合を約12パーセントにします。通常の場合、糖質の摂取比は約60パーセントと言われています。そのため、この食事療法は、かなりきびしい糖質制限であることがわかります。

 

具体的には、1食あたりの糖質量は20グラム以内にします。さらに、野菜を多くし、特にビタミンCの補給に努めます。野菜も糖質を含むため、食事における糖質摂取のほとんどは野菜からになります。

 

極度の糖質制限食では、毎食、食後の血糖値上昇を抑えることができます。さらに、この食事療法は血糖コントロールと体重減少に高い効果を示し、合併症の予防にも最適です。

 

 ・通常の糖質制限食
この食事療法では、朝食、または昼食で、1日に1食だけ軽く主食を食べます。その一方で、夕食だけは、必ず主食を避けます。朝や昼に食べる主食も、玄米や全粒粉など、血糖値が上昇しにくいものを中心にします。糖質の摂取比は、約27パーセントにし、1日あたりの糖質の摂取量を130グラム以内にします。

 

この程度の糖質制限でも、治療効果は十分に認められます。そのため、初めは、このレベルから始めるとよいかと思います。

 

このような食事制限に加えて、有酸素運動を行うとより効果的です。さらに必要に応じて薬なども併用し、糖尿病の治療を行います。このような糖質制限食は、糖尿病の治療だけでなく、その予防はもちろんのこと、その他の病気を防ぐ効果もあります。

 

そのため、ぜひ糖尿病ではない人も、検討してみてください。その効果は、私も実感しており、驚くほど明らかな体の変化が認められます。

 

脂質ダイエットの極意を授けます:無料メルマガ登録



糖質制限食が糖尿病に有効な理由:糖質制限でDMを予防する 関連ページ

糖尿病の分類を知り予防・治療につなげる:脂質ダイエット
糖尿病(DM)の合併症を学び症状の悪化・進行を予防する
インスリンの作用を知り糖尿病(DM)の予防・治療に生かす
糖質摂取時の血糖調節メカニズムを学び糖尿病(DM)を理解する
糖尿病の理解に必要な「糖新生」:血糖値を維持するメカニズム
運動が血糖値のコントロールに有効である理由:糖尿病と運動
糖尿病と動脈硬化の関係を知り、DMの予防・治療に生かす
糖尿病ケトアシドーシスと生理的ケトン体増加の違い
ペットボトル症候群を学び、糖質摂取の害を知る:糖尿病予防
糖質制限が有効な病気:糖質制限は糖尿病(DM)以外も予防する
糖質制限食と癌(がん)の関係性を知り、がん発症の予防に生かす
糖尿病の人が知っておくべき生物学:血糖値に影響を及ぼす因子
ストレスと血糖値の関係性を知り、糖尿病(DM)の予防に生かす
低炭水化物・糖質制限食の血糖値への影響:中華レストラン効果
糖尿病(DM)の人が知っておくべき法則:小さな数の法則
栄養素に対する間違った認識が血糖コントロールを困難にする
糖尿病(DM)患者に有効なDMを予防する食事:糖質制限
糖尿病(DM)患者の予防に有効な食事:血糖値を上げない食品

サイトマップ
HOME プロフィール 無料メルマガ お問い合わせ